東たかゆきの日々の活動を報告致します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西から東会~緊急~
昨日19時より西区民センターにて後援会緊急総会を催したところ、何とか無事終えることが出来ました。
朝からずっと雨でしたが、そのようななかにも関わらず、お集まり頂きました皆様には厚く御礼申し上げます。

質疑応答も含んで1時間で閉会でしたが、振り返るともっと伝えたかったことが沢山あり、せっかくの機会なのに僕の演説(ご挨拶)自己評価は50点。言いたいことがありすぎて話の整理が出来ていませんでした。=反省=

これからももっとご説明の機会を作って行かなければならない訳で……その時には解りやすくお話が出来ますよう精進せねばなりません。

雨のなかお越し下さった皆様には重ねての御礼とともに、早くからお手伝いに駆けつけて下さった幹事役員の皆様方にも失礼があったかもわかりませんが、改めて感謝致します。本当に有難うございました。


P.S.
久しぶりにお会いできた方が何と元気な男の子を抱いておられました!ママ業頑張ってね。
スポンサーサイト
地振研修会
今日は西区地域振興会振興町会長・町女性部長合同研修会でした。
例年は港区のホテルが会場ですが今年はニューオータニ大阪にて開催。
今年は町会役員の改選初年度にあたるため、新旧入り混じっての賑やかな会でした。

研修講師として西消防署の石井署長が登壇。
なにわ節炸裂の退屈しない講演でした。
なにやら今も語り継がれる「消防119言」というのがあるようでして………
署員教育の為のもののようですが、特に組織・経験に関して印象に残る言い伝えがありました。

「ベテラン」とは、能力があって、いつも新任のつもりでいる署員のことである。

何とも素晴らしい言葉だと感じませんか?
署員を政治家に置き換えながら聞かせて頂きました。
私は幸いにして良き先輩に恵まれ政治のイロハを学んでこれた気がしますが、何年後にも変わらずこの姿勢を貫ける政治家でありたいと強く思いました。

研修の後は引き続き恒例の懇親会。
楽しい時間だけにあっという間に閉会しました。





生野区タウンミィーティング
生野区タウンミィーティング盛況に終わりました。
諸事情により生野区内で会場を確保できずに、天王寺区での開催にも関わらず、維新ホームページや告知のチラシ等を見られた方々で会場は立見がでる混雑ぶり。

かくたに庄一氏のご挨拶と決意表明がありましたが、大勢の聴衆を前に堂々たるものでしたよ。
もちろん緊張のなかお話されたのでしょうが、熱意が感じられたのは私だけでは無かったはずです。


皆様おなじみの橋下代表登場!!
F1070259_convert_20100625170913.jpg

特に区長公選制の導入については皆さんも深く納得されたのではないでしょうか。


質疑応答時間も充実した内容で、仕込み一切なしのぶっちゃけた質問はまさに市民のいまの声ですよね。
大変参考になりました。

お手伝いも若者が多くて、それ以上にSPも鋭く場内警備。
聴衆は会社帰りの男性から主婦、また地域のお年寄りなど多種多様でした。

市民の怒りも感じましたが、これからの期待も強いものでした。
大阪の変化が予感できる……そんなタウンミィーティングでした。
+4
昨日新たに4名の正式入団があり晴れて計11名の会派になりました。
これにより市会常任委員会の委員長ならびに副委員長が割り当てられます。
また委員会所属議員にも随分偏りがあるので、今後調整が必要です。


そろそろ控室も手狭になって来ましたが、役所内控室仕切りの変更は高額の工事費用がかかりますので、費用が出来るだけ発生しない方法で仕事が出来れば良いのかなぁと思います。
今は電話が7名に1台、横の部屋で4名に1台という状況で何かと公務にも支障が出てきています。
これも所属議員が増えたゆえの嬉しい悩みというところですが…。


さて今日は19時より、フェイセスゲストハウス月花(天王寺区寺田町1-7-7)において橋下徹代表かくたに庄一氏を交えての生野区タウンミーティング。
多くのご来場と充実した討論に期待が一杯です。
その前に橋下代表と維新市議団メンバーで顔合わせご挨拶の儀式あり。
代表が人数の増えた市議団のことをどう思っておられるのかこれも楽しみです。

西区囲碁・将棋・麻雀大会
区民センターにて囲碁・将棋大会。
また北堀江1丁目の四ツ橋クラブさんにて麻雀大会が開催されました。
いずれも西区コミュニティー協会が主催の歴史を誇る大会です。

最近はPCサイトでゲームを楽しむ方が多いなか、腕自慢の子供から大人まで大勢のご参加でした。
来賓として来られた日本将棋連盟の森信雄七段、日本棋院の平野正明七段との指導対局もあり、特にこれからもっと覚えたい、上手くなりたい方々にはとてもあり難い内容です。

森信雄七段の指導対局
<森信雄七段のちびっこ指導>

将棋は3レベルにわかれて、小中学生も混じっての対戦。

将棋Aクラスの熱戦
<熱戦のAクラス将棋>
囲碁熱戦
<囲碁はルールを覚えるのに苦労しそうですね>
麻雀コレから二回戦
<観戦してると自分もやりたくなります>

いずれも競技中は真剣そのものですが、勝負がつけばお互い和気あいあいで、PCゲームには無い人と人とのコミュニケーションが感じられました。ここに大会の趣旨があるのでしょうね。

大会のお世話は大変でしょうが、それぞれお支え下さった関係皆様本当に有難うございました!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。